自分好みで設計できるが魅力!リノベーションの利点や相場費用を徹底解説!

このサイトでは、自分好みで設計できるが魅力などの特徴を持つリフォーム手法の一つについて利点や相場費用などについて分かりやすく解説しています。
無理なくやりたい補助金や助成金の対象になるものにはどのような条件があるのか、リノベーションを検討している人に最適な情報を解説していますので興味がある人などこちらを参考にされることをおすすめします。
また、内装にこだわりたい人にもおすすめ情報をご紹介しているので必見です。

自分好みで設計できるが魅力!リノベーションの利点や相場費用を徹底解説!

リフォームとリノベーションは明確な定義はないのですが、いずれの場合も建物に手を加えるなどの意味があります。
ただ、リフォームの場合は大幅な間取りの変更、特に水回りの移動はできないことが多い主に新築のときと同等の機能もしくは見栄えに戻すのがリフォームで、全く異なる居住空間を作るとなったときにはリノベーションが必要不可欠です。
リノベーションは内装を一新させることができる、内装にこだわりを持つ間取りを作りたいとなったとき威力を発揮してくれます。

リノベーションならではの良さとは?

リノベーションならではの良さとして最初に挙げられるのが、購入時にどのような状態であっても理想の環境を手に入れることができる点です。
例えば、設備や立地、広さ等には問題が無くても間取りだけが気に入らないことがありますが、リノベーションをすれば間取り自体を変更することが可能です。
大掛かりな工事を行うと費用がかさむという心配もありますが、ほとんどが中古物件を購入して手を加えますので、トータルで考えて新築物件の3分の2位の費用で済みます。
物件価格自体は築年数が経過すればするほど安くなりますので、少し古めの物件を選べばかなり抑えることが可能です。
また、その時々の状況に合わせて手を加えられるのもリノベーションならではのメリットであり、不便だと感じ始めたら再び工事をすることができます。
住み心地を重視して何度もリノベーションをする人もいますが、そのたびに新しい設備を導入したり水回りを整えたりと、新築のような住み心地になります。

リノベーションには大変な面もある

リノベーションと聞くと、中古住宅でも新築以上の付加価値を持つ家づくりができるなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
年を追うごとに空き家問題は増加傾向にあるけれども、首都圏の中古マンションの成約件数は新築物件の供給量を上回っているなど、その背景にはリノベーションのキーワードが登場することも少なくありません。
取り扱う業者の数が多くなっていることでメリットが前面にクローズアップされがちですが、メリットだけでなく大変苦労するなどのデメリットも存在することを理解しておかなければなりません。
リノベーションのデメリットには、直ぐに住むことができない点や解体したとき初めて分かる物件の瑕疵および想定外の補修費などが挙げられます。
瑕疵は一般的には備わっているのにも関わらず、本来の機能や品質、性能や状態が備わっていないものを意味する言葉です。
表面的には良いけれども、壁を取り除くと排水管からの水漏れが見つかったなどダメージが見つかることもゼロではありません。

バリアフリーリノベーションのコツ

"

自宅をバリアフリー仕様にリノベーションしたいと考えているご家庭は多いですが、どこから手を入れればいいのか分からないと悩んでいる方も多いです。
そこでバリアフリーリノベーションのコツとして、最初に取り入れるべき手すりから設置を行ってみることをおすすめします。
高齢者や体の不自由な方にとって自宅内の移動は事故が起こりやすい危険があるので、廊下や部屋の出入り部分など毎日通る場所を中心に設置するだけでも安全に移動できることや、体のバランスを確保することが可能です。
設置方法は床面から75~80cmほどの高さを原則として、その家に住んでいる人が使いやすい位置になるように測定しながら設置することや手や指にフィットしする素材選びや、体重をかけてもぐらつくことないように壁にしっかり固定することも失敗しないためのコツです。
手すりには横タイプと縦タイプなど種類があり、廊下は移動にあわせて横タイプを設置したり、部屋の出入り口には扉の開け閉めがスムーズに行えるように立てタイプを取り付けるとよいでしょう。

"

「新築物件購入」と「リノベーション」ではどちらが費用がかかる?

新築物件を購入すべきか、それとも安い中古マンションを購入してリノベーションをした方が良いのか悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。
リノベーションの費用相場は、1平米あたり10~15万円で60平米くらいの住宅なら600万円から900万円で施工ができるといいます。
マンションに限ったことではないのですが、駅から近い場所にある新築物件は都市部などでは6.000万円前後が相場といわれているので、同じような環境にある築年数が経過している中古マンションを2,000万円くらいで購入してリノベーションを行えば3,000万円前後の金額でマイホームを手に入れることができる計算になります。
この金額は、新築の約半分になるので浮いたお金で家財道具や電化製品を一新することもできますし、購入してからリノベーションを行えば工事完了後に引っ越しの流れになるので仮住まいなどでの費用を節約できるメリットもあるのではないでしょうか。

リノベーションに関する情報サイト
リノベーションの魅力

このサイトでは、自分好みで設計できるが魅力などの特徴を持つリフォーム手法の一つについて利点や相場費用などについて分かりやすく解説しています。無理なくやりたい補助金や助成金の対象になるものにはどのような条件があるのか、リノベーションを検討している人に最適な情報を解説していますので興味がある人などこちらを参考にされることをおすすめします。また、内装にこだわりたい人にもおすすめ情報をご紹介しているので必見です。

Search